プログラミング未経験でも目指せます

システムエンジニアに必要とされる能力は、プログラミングスキルや資格などではなく実はコミュニケーション能力であると言われます。何故ならば、第一に、技術の側面においては現場で仕事をしながら経験を積みつつスキルアップをしていくことができるからです。第二に、そのプログラミングを活用する現場に配属されるとは限りません。このような理由から「任された仕事に対して疑問が生じたら、勝手に判断せず適切に指示を仰ぐ」といった「報告・連絡・相談」が適切にできる、「コミュニケーションをきちんと取れる人材」の方が求められるのです。

このため、プログラミング未経験でシステムエンジニアを目指したいという人は、「なぜその仕事がやりたいのか」「どのようなエンジニアになっていきたいか」といった志望動機についてしっかりと理論立てて示すことが大切です。「何となくやってみたいから」といった曖昧な志望動機ではコミュニケーション能力に優れているとは言えません。IT業界におけるコミュニケーション能力に優れた人というのは、一般的に言われるような場を盛り上げることができる人ではなく、「なぜ、何を、どのように」を含んだ、理路整然とした説明が得意な人のことを指すと考えられます。

そして、その能力の高さを示すことができるのは志望動機などの説明です。長くはない文字数の中で、相手に「なるほど」と思わせるような説明ができれば、プラグらミング未経験であっても十分その業界でチャンスを掴むことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です