未経験でシステムエンジニアを目指す場合の志望動機とは

新卒など未経験の人がシステムエンジニアを目指すのは難易度が高く感じられますが、新卒で既に十分な経験がある方が珍しいため、まずは企業が募集する人材としてどのようなスキルが求められているかを把握することが重要です。未経験者も応募可能な企業なら、経験を重視しているわけではありません。

志望動機を記載する際には会社の立場から考察することが必要になりますが、会社側では勉強を継続する努力を惜しまない人を求めています。つまり、途中で簡単に投げ出すことなく、正確にこなせるようになるまで真面目に勉強を続けていく努力ができる人が求められているのです。システムエンジニアは、ITの基本知識はもちろん、顧客と打ち合わせをしたり調整の業務があるため、各方面で連携して業務を行うためのコミュニケーションスキルが必要です。それと同時に、より質の高いシステムを顧客に提案していくためには課題を発見する能力が求められますし、分かりやすい提案を心掛けつつ論理的に相手に説明する能力も不可欠です。

未経験者が志望動機を書く際には、これまでの人生で辛かった状況を努力で乗り越えてきた経験を思い起こしそれに触れながらシステムエンジニアになるために努力が必要な毎日も乗り越えていける人材だということをアピールしましょう。また、なぜSEを目指したいのか、きっかけについて志望動機に加えておきます。きっかけになったことを記載すれば、SEになりたいという気持ちがどの程度強いかを採用担当者に伝えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です